家電バーゲン
放射能測定器
避難リュック
本のバーゲン

2004年8月2日 〜 3日

静岡県 西伊豆 大瀬崎
                                              マリンサービス まんぼう 利用

息子のダイビングが本格的に始まり、嬉しくて仕方が無くて、西伊豆の大瀬崎に遠征しました。
午前10時集合と言う事で、朝5時少しに自宅を出発し沼津インターまでは、何事も無く到着。
しかし、その先が曲者で有った(*^_^*)
沼津市内を抜ける国道412号線は、狭いくせに交通量が多く明らかに過積載のダンプカーが多い。
市内を抜けるのに40分近くの時間をとられてしまって、絶対遅刻する事になってしまったので、
まんぼうに電話して、10分ほどの遅刻を報告しておいた。
9時30分には到着の予定だったのに。

初めての大瀬崎で勝手が分からず、まず駐車場で迷子になる。
まんぼうから荷物を運搬する台車つきの3輪スクターが迎えに来るが、載って行ったのは荷物だけ。

本日一緒に潜っていただく坂本さん親子は既に到着されていて、待ちくたびれたご様子・・・本当に御免なさいでした。

天候は2日とも晴れ、水温は水深20mでも25度ほど有り、快適なファンダイビングとなった。


さっさと着替えて1本目、2本目とも湾内へ

直立の妻です 左から 坂本さん 娘さん ガイド鈴木さん 息子 淳矢
←さっそく息子が見つけた魚?→
       イシヨウジ
   2日間ご一緒の坂本さん親子

左が坂本お父さん
              右がつぐみちゃん
                 (亜美)
カレイの仲間 ← ↑ それを見つめる? つぐみちゃん
暖かい海水温にこんな南の魚がいっぱい居る           ソフトコーラル↑
苦しいのか? かさごも居ます
妻と息子が相談?何かあるな・・ いそぎんちゃく 先の紫色がとても綺麗でした

アナゴの仲間 ホタテウミヘビ

サツマカサゴ

マルコブカラッパ

マルコブカラッパ

石ころにしか見えないような変なカニの
仲間。
前に進んでいた。
大瀬崎の湾内側 全景
大瀬崎外海側

北側を眺めた所→
ずっと向こうに富士山がある

←南側を眺めた所
←ダイビングハウス MANBOW
  
           早朝に見えた富士山→
夜中には登山道の誘導灯がかすかに見
えました
        
本日の夕食
ビュッフェスタイルで、食べたい分だ
け好きに取っていく



息子は偏食なのでこの方が喜ぶ







いただきま〜す

2泊3日で大瀬のダイビングを楽しまれ
るとの事、羨ましい限りです
←坂本さん親子

    ログ付けを一緒にやりました

                管理人親子→
           ガイド 鈴木さん →
それにしても私はエアーの消費が早い。
妻や息子はかなりの残圧を残しているのだけど、私はいつもギリギリ・・・
12Lタンクの用意を申し込んだが、無いって言われちゃいました・・・ 死ぬかも?




ここから 2日目


早朝の自宅出発だったので、早寝をしたおかげで朝早く目が覚めた。
朝食時まで待ち遠しい時間を、散歩をしてすごした。早朝には富士山がくっきり見え、田舎者には嬉しいプレゼントだった。

2日目の3日は、早く切り上げて帰りを急ぎたいので、午前中に2本潜れるようにお願いしたが、2本目は正午にエント
リーだった・・・ま 仕方が無いか(^。^)
朝ごはんもビュッフェスタイル 結構種類があって嬉しい やはり朝はしっかり食べないと・・おっさんには辛いのです




1本目は外海へ 
門下からエントリー


いきなり ハナミノカサゴ が出迎える

ウミウシ
大きさ 5cmほど
クマノミのつがいがイソギンチャクに住んでいた しばらく観察 この後にももうひと番い見つけた
白いソフトコーラルに掴まって擬態している オオモンイザリウオ バレバレでっせ
←珊瑚に隠れている ウツボ

              ハタタテダイ?→
かにの仲間 モズクショイ を手にして観察中のつぐみちゃんと息子
門下から流れに乗って先端方面へ
               流れていく→

           息子と妻の後姿→
EX時の私の残圧はなんと10

途中で妻や息子のエアーを吸ってい
なかったら、エアー切れしていたぞ
・・・・きっと
皆さんよりも深度を浅くしていたにも拘
らずこの結果






↓ 
 此処から2本目 湾内  

坂本さんが見つけた ベニイロイザリウオ 不思議な魚だ
メガネウオ

つぐみちゃんが手を出すと砂から
抜け出して、凄い勢いで右に回転し始
めた・・・???

バランスが悪い魚なのか?
湾内でもハナミノカサゴが見られた


これも坂本さんが見つけた!
坂本さん凄い!!目が良い!!
妻がいちばん喜ぶ ソラスズメダイ
今回お世話になったガイドの
鈴木 さん

元気いっぱいな若者だった
愛知県刈谷市出身と言っていた
2本目は本当に皆さんの上を漂ってい
た。
確実に3m〜4mは浅くなるよう心掛け
たが、やっぱり私の残圧が一番少なか
った。
どっかに穴が開いてるんだぞ!きっと

さて、ダイビングも無事終了し帰り道。
柿田川湧水群を見て帰る事にしていたので、少し急ぎだ。
大瀬崎から柿田川湧水群は比較的近くて、40分ほどで到着。

時間が早かったので美保の松原も見ていくことにした。
沼津から清水へは結構距離があったが、国道1号線を利用して見物。

清水インターチェンジから東名高速に乗って、自宅に帰りついたのは午後9時30分・・割と速かった・・??

とても満足した大瀬崎のダイビングでした。