家電バーゲン
放射能測定器
避難リュック
本のバーゲン

2001年5月30日(水) 若狭湾 マイボートでシロギス釣り 

[釣行場所] 福井県三方郡美浜町
[釣行日] 5月30日
[天候] 曇りのち雨
[風] 南の風、やや強く
[海況] なぎ

[釣り方] キス小型天秤

[道具] リール:シマノ1000番クラス(スピニング)
      ロッド:ダイワ 5フィートバスロッド          
[仕掛け] ハリス1.5号 ハリ7号 2本針仕掛け(市販品)
[餌] ゴカイ 
[対象魚] キス
[釣果] 9Lのバケツに一杯分

天気予報を見ていたら、夕方まで雨が降らないといっていたので、
これは良いぞと思い、迷わず出発。
しかし、名神高速の集中工事のため渋滞が予想されたので、
午前6時に出発して、渋滞から何とか逃れる事が出来た。

先週からの課題で、バウモーターの取り付けが残っていて、これをや
っつけない事には釣りに出られない。
1人で奮闘する事4時間!何とか取り付けも完了して、作動テストがした
くて仕方がない。
しかし、係留場所に吹き付ける南風は時折ものすごく強く吹いてきていて、
「ちょっと〜、勘弁してよ〜]という感じ。

コンビにまで弁当を買いに行ったついでに、「ゴカイ]だけは1パック買って置いて、
クーラーの中に忍ばせておく。
船置き場で弁当を食べていると、雨が降り出してきて風はそれほど強くなくなってきた。
地元の漁師のTナベさんがやってきて、色んな話をして居るうちに、
一緒に釣りに出ることに話がまとまる。

釣り場は北向に海が開けた、港を出たすぐの所なので風が南ならそんなに心配なし。
それに、バウモーターで風に負けずに船が流せる予定なので、
ポイントさへ間違えなければ、まあまあ釣れるだろうと高を括る。

ポイントと思われる所まで来て(実は先日ここで好釣果を上げた人がいた)モーターを
下ろして、スイッチをON!
モーター自体は、無断変速で丁度ラジオの音量を大きくするように
ボリュームスイッチを廻せば推進力が変るので、どんな風の強さでも問題なし。
の、はずだった。
ところが、電源を取り出したブレーカーの容量が不足していて、モータの回転を早くすると、
ブレーカーが飛んでしまう。
何とか風に逆らうだけの推力を得るには、ブレーカーが持ちこたえる所を探し出し、
やっと釣り開始。このとき既に、午後3時を回ったところでした。
オートパイロットのスイッチをONにすると、コンパス方位で指示した方角を常に向くよ
うにモータ自体が左右に首を振ってくれるので、推進力にさえ気を付けていれば、
すこぶる調子が良い。

Tナベさんは先ほどから、ちょっと投げては「おぉ!」とか言って、リールを巻いている。
私は、船の真下狙いで仕掛けを引きずるが、なかなかあたりが出ない。
僅か30分で10匹対2匹ぐらいまで差を広げられて、あせる事この上なし。
この頃には既に雨は本降りで、「全くこの頃はなぜこんなに雨にたたられるんだ」
と、自分に言ってみるが、雨はいっこうに止む気配は無し。

風には逆らって流されないが、潮の流れには流されていくので、ポイントは少
しづつ変っていくが、当たりはずっと出ていて、Tナベさんは面白いように釣り上げている。
私の置き竿にも、当たりが出始めてこれまた爆釣。
釣り上げたキスは、どんどん生簀の小穴から投げ入れていくのだが、
結構な量が泳ぎ回っていて、「もういいじゃない?」と成って、
「最後の1匹」と、粘るがこれがなかなか釣れて来ない。

プルプルっと当たりが出て、やっと念願の最後の1匹。
時間は午後5時少し前。
二人とも同じくらいの数を釣り、いや、Tナベさんのほうが多いかな?
2時間も釣って居なかったが、たーくさん釣れて勘定するのが面倒になり、
生簀から9Lのバケツに魚を移し変えると、そのバケツに一杯!
どれだけ居るのか分からないが、型は20cm以上ばかりで、
23cmぐらいが主体。最大でも26cmぐらいだから、まあ満足。

毎年キスの釣れる場所は変ってしまって、ポイントを探すのに苦労するのですが、
今回は地元の漁師さんのおかげで、苦もなく釣る事が出来てラッキーでした。