家電バーゲン
放射能測定器
避難リュック
本のバーゲン

伝統の行事 どんど焼き

何百年続いている伝統の行事の「どんど焼き」
ずっと以前は男の子供たちだけで用意し、1月14日の夕方に
火を放っておき火を作り、もちを焼いて食べ、無病息災を願った。

しかし、何年か前からは、子供の数の減少に伴い、
子供たちの親も参加して「どんど焼き」を作っている。

平成16年1月4日 どんど焼きつくり

午前9時に皆さん方が集合 どんど焼きの材料を持ち寄る
私が子供の頃はリヤカーを引いて各家庭を廻り、それぞれの家から
材料を提供してもらっていた。
竹を組み、やぐらを作る
昔は真ん中に立てる竹の支えのために「御神木」と言う太い木を
立てるために、深い穴を掘って居た。
現在は、木のくいを打ち込んで終わりに成っている。

小さい頃の思い出で、どんど焼きの近くの竹やぶから太くて長い
竹をたくさん取ってきてやぐらを組んでいたら、竹やぶの地主から
こっぴどくしかられた。
やぐらの下に、オキに成る薪を積んでいく
昔は子供たちだけで作っていたので、ここまでの形になるのに
3日ほど掛かっていた。
私よりももっと古い時代には、集落の3班ごとに一基づつ作って
居たそうで、お互いのどんど焼きを壊しに行って居たらしい。
今度は薪を立てかけていく
多勢の親が参加して作っていくので、あっという間に出来上がった。
藁を積み上げて、火の着きが良いようにする
1月14日の「どんど焼き」本番を待つばかりとなった。

どんど焼き当日へ